レーザー脱毛の注意点

メジャーな脱毛方法となっていてメリットも多く魅力的だと言われているレーザー脱毛でも、デメリットや問題点は少なからずあります。

 

 

・レーザー脱毛は誰しもが必ずしも受けられるというわけではありません
レーザー脱毛は毛根部分の黒いメラニン部分を照射して脱毛するのですが、元々メラニン色素が多めだという方、いわゆる色黒だとかもともと肌色が濃い人だと、毛根以外の場所も照射されてしまい焼けどや色抜けしてしまう可能性があるのです。

 

また、わざと肌を焼いて黒くしている人にも同様の危険があります。

 

またメラニン色素の集まりである黒子部分にもレーザーは反応してしまうので、火傷をしてしまう可能性も高いのです。

 

永久脱毛するにあたって黒子を除去する処置から施されるというケースも珍しくありません。

 

 

・レーザー施術による脱毛が困難となっている体の部位もあります。

 

乳輪や陰部や肛門などの日ごろ表に出ない部分でメラニン色素が集まりがちな、肌の色が濃くなりがちな部分です。

 

他の部位よりもメラニン色素が多めなので、レーザーを当ててしまうと火傷したりなどのトラブルが起きる可能性があります。

 

 

・体の毛が休止期に入るとレーザー施術の効果が出ません。

 

毛には周期があります。
成長期や休止期などの期間がありますが、毛が休止期に入ってしまうとレーザー照射の効果が得られません。

 

なのでそのような場合には休止期が終わり成長期へと移るまで待たなければならなくなるのです。

 

いつでも脱毛ができると思っていた方にとっては意外な事実ですね。

 

そのような脱毛のタイミングの理由から、全ての脱毛が終わるまでかなり時間がかかってしまったというケースもあります。

 

 

また個人の毛の質によっても効果の差が出てきます。

 

産毛や薄い毛などは効果が表れにくいですし施術もしにくく、また白髪も同様に効果が表れにくいというデメリットがあります。

 

現段階ではそのような現状ですが、これから先脱毛分野の発達によって産毛や薄い毛や白髪も難なく脱毛できるようになっていくのでしょう。