光脱毛の注意点

永久脱毛を選ぶ際に「確実性」を重要視するのであれば、威力が弱く脱毛の効果も比較的弱めである光脱毛は避けるべきでしょう。

 

光脱毛のメリットに魅かれる方も多いですが、元々薄い毛だとか産毛になると、光脱毛では効果が弱いケースも珍しくありません。

 

薄い毛や産毛になると一時的に脱毛できていても、実際には失敗していて数年後に再び生えてきてしまうというケースもあるのです。

 

しかしながらその他の脱毛方法よりも価格がお手頃だというメリットもあり、施術時間が短いという多忙な方には嬉しいメリットもあるので、永久脱毛でなく半永久的な脱毛方法だとして認識して通うというのも一つの手段です。

 

 

威力も効果も弱いのでお肌へのダメージが少ない光脱毛ですが、そんな光脱毛でも施術できないケースがあります。

 

もともとお肌の色が黒いとか、日焼けしてこんがり焼けたお肌だとヤケドなどのお肌トラブルが起きる危険性が出てくるので、光脱毛であってもっても脱毛ができません。

 

レーザー脱毛などでは黒子やアザに反応してヤケドをしてしまうことがあるのですが、光脱毛でも同様の危険性が出てきます。

 

 

光脱毛の大きなメリットとしてお肌への刺激・ダメージが少なめだというものがあります。

 

けれども注意が必要なのは、光脱毛による刺激・ダメージはゼロではない、必ずダメージは受けるということです。

 

他の脱毛方法よりも刺激やダメージが少なめだということは覚えておきましょう。

 

 

確実に永久脱毛したい・確実性を重要視したいという方は光脱毛はオススメできません。

 

脱毛施術初心者だとか、脱毛の基本的な流れを体感してみたいという方にはオススメの方法ですよ。