多毛症

MENU

多毛症

脱毛して見た目を良くする人は多いですよね。

 

見た目を整えるために脱毛する・・・というのは立派な脱毛の目的です。

 

また疾患の治療のために脱毛が必要となるケースもあります

 

体毛に関連した疾患というのは決して少なくありませんが、特に多くの人が知っているであろう疾患は脱毛症でしょう。

 

過度なストレスが原因で毛が抜けてしまうことがあります。

 

またホルモンバランスの乱れや食生活の乱れ・栄養障害などが原因で円形脱毛症などになってしまうこともあります。

 

様々なことが原因で毛の発育の異常・毛周期の異常が表れてくるのです。

 

毛に関する疾患の多くは頭髪に表れることが多いと言われています。

 

 

一番メジャーなのは脱毛症ですが、その他にも多毛症と呼ばれる疾患があり、多毛症の場合には脱毛が必要となってきます。

 

多毛症はあまり馴染みのない疾患かもしれませんね。

 

体毛というのは年齢によって質や量が変化していくものですが、その年齢に明らかにふさわしくない大量の毛が生えている症状のことです。

 

多毛症が表れる範囲は個人差があり、部分的に多毛症になる方もいれば全体的に多毛症になっている方もいます。

 

まさか毛が多すぎるなんて病気があるとは知らなかったという方も多いでしょうが、多毛症は確実に疾患にカテゴライズされます。

 

 

多毛症にもいくつかの種類に分けられます。

 

多毛症になる原因によって分類され、遺伝や体質が関係いているのは「特発性多毛症」と呼ばれています。

 

女性特有の器官である卵巣に異常が起きて、男性ホルモンが過剰分泌されて起こるのは「多嚢胞性卵巣症候群」です。

 

それ以外にも薬の副作用が原因で多毛症になるケースもありますし、副腎や下垂体といった部位の異常が原因になることもあります。

 

 

疾患が原因で多毛症になったと診断されれば、保険が適用される永久脱毛ができます。

 

医療レーザーや電気絶縁針などの機器を使って永久脱毛する方法になり、完全に治療になりますので治療費はかなり安くなるでしょう。