体毛の成長の早さを知ろう

体毛は毛周期というサイクルの中で変化していきます。

 

毛周期というのはあまり耳にしないワードですが、毛周期というのは発毛→成長→衰え→抜ける→発毛・・・というサイクルのことを指しています。

 

毛はいつか抜けるものだというのは何となく知っていたことでしたが、毛周期というのは知らなかったという方も多いと思います。

 

この毛周期によって発毛から抜けるまでの毛の成長が起きていくのですが、必ずしも全員が同じ時期に同じ成長過程をたどるわけではありません。

 

 

毛周期というのは個人差があります。

 

また毛が生える部位によっても毛周期が細かく異なっています。

 

顔の印象を決定づける眉毛やまつげは、一般的にだいたい2~3か月ほどで1サイクルするのだそうです。
ということは、年に4回前後生えかわているということになりますね。

 

印象に大きく関係してくる毛髪にも毛周期があり、毛髪の場合にはだいたい5年ほどが1サイクルなのだそうです。

 

 

毛の毛根付近にある毛母細胞という細胞に栄養が行きとどくことで毛は成長していくので、毛母細胞は毛の成長に大きく関わってきます。

 

毛母細胞が栄養をどんどん摂取して毛が伸びていく時期は、毛周期の中の成長期になります。

 

 

成長期が終わると毛母細胞は栄養を摂取しなくなり、毛がだんだんとやせ衰えてい、抜ける準備を始めます。

 

この毛が抜ける準備を始めた時期は退行期です。

 

 

退行期を終えて休止期になると毛が抜けていくのですが、この時期が休止期になり、永久脱毛において重要な時期になります。

 

休止期から成長期までは個人差がありますがしばらく期間が空き、この期間は永久脱毛の施術ができない時期になります。

 

毛が生えていないので毛根部分に処置ができませんよね。

 

永久脱毛をするにあたって成長期から退行期までが施術可能な時期です。

 

毛が生えている時期やタイミングを図って脱毛しなければならないので、毛周期によっては数か月施術しなければならないケースも珍しくありません。