体毛の役割とは

人の体に生えている毛は意味もなく生えているわけではありません。

 

生きていく上で、進化していく上で必要だからこそ残されている毛なのですが、今ではムダ毛になってしまっている毛も少なくありませんね。

 

永久脱毛というのは人の体の理に反している施術だと言えますね。

 

けれども進化していく過程で必要とされていた毛も、近代では不必要なものになってしまっているものも多いのです。

 

本当にその毛は必要なのか不必要なのか、明確にしておきましょう。

 

 

体毛がある理由とは主に
・皮膚の保護
・保温、断熱
・感覚機能としての役割
・紫外線防止
以上の4つです。

 

 

例えば頭髪は頭を刺激や紫外線から守っていますし、保温や断熱で頭を守っていますね。

 

頭髪がなければ紫外線を浴びまくっていますし、頭皮に傷がつくことも増えますね。

 

腕に生えている毛や足に生えている毛、脇毛や性器周辺の毛などはかなり必要とされています。

 

脇はという部位は特に重要というわけではないのですがデリケートな部分なので、脇毛によって摩擦を抑制しているのです。

 

 

他の動物の毛と同様に、全身の体毛は保温や断熱といった働きを担っています。

 

暑い時に毛があると暑苦しく感じるかもしれませんが、断熱するという働きを担っているのですよ。

 

 

毛が生えていると感覚機能が多少敏感になるとも言われています。

 

毛根部分が些細な刺激や衝撃を感知してくれると言われていますから、大きな役割ではないと言っても役には立っているのです。

 

 

毛が生えていることで紫外線防止になるというのも、中々大事な役割なのではないかと思いませんか?

 

以外に知らなかった体毛の役割を知ると、本当に永久脱毛が必要なのかどうか考え直すいい機会になるでしょう。